かっぱちゃん

こんにちは。かっぱちゃんです
旦那『酔いどれカッパお父ちゃん』との二人暮らしに2016年から雄にゃんこ『桃三郎』が加わりました。
日々のちょこっとの幸せを綴っています。

記事一覧(90)

茶道の癒し~お客編~

お茶でも一服…🍵この言葉から想像するのは、ゆったり寛ぐ場面の方が多いのではないでしょうか☺️お茶に含まれる「テアニン」にはリラックス作用がありますまたお茶を自分のために淹れてもらうという状況も合わさって、淹れてもらったお茶をゆっくり飲むことでリラックスできますね(*˘︶˘*).。.:*♡茶道ではそのお茶を飲むことで得られる癒しとともに、目から感じる癒しがありますお茶を点てるお点前です相手のことを心でいくら大切に思ってもそれだけでは伝わらないこともありますよねその心を形に表したものがお点前の所作だと聞きましたお道具を清めるための袱紗を折り畳むことを「袱紗捌き(ふくささばき)」と言いますただ何となく畳んでるだけではありません感謝の気持ちを込めて捌きますお茶を入れる棗や茶杓をその袱紗で拭くことを《清める》と言いますもちろん水屋で綺麗にしたお道具を使っていますが、客の前で再度清めることで客を敬い、そしてお道具と一緒に自分の心を清めます心の籠った静かなお点前を何も考えずに見ることで、その心が客に伝わり、客も心が静まるということがあります前回はお点前をすることで得られる癒しのことを書きました→こちらお点前は一気に覚えられるものでもありませんまずは私のお点前をぼーっと眺めて、心が静まる体験してみてください⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎✨癒しに重視、リセットのための一対一のお稽古《心に寄り添う癒しの茶道》は→こちら✨✨ゆったり丁寧に、茶道を通して和を愉しむ《大人の茶道部》は→こちら✨

【心に寄り添う癒しの茶道】始めます

茶道のお稽古をし始めてもう30年以上経ちました😌私の茶道の経緯はプロフィールに簡単に載せていますが初めのころはお点前をするのだけが楽しかったんです🍵その後、通ったアロマスクールでアロマやハーブを通して心と身体の密接な関わりを学び《心》に興味を持ちある時に出会った茶道と心理学について書かれている本を読んで気付いたのですがお点前だけが楽しかった私は、正に癒しとしての茶道を体感していたのです✨✨お点前することが何故癒しなのかはまた改めてお伝えするとして…伝統文化としての茶道には忠実に、アロマやハーブからの学びを加えた《心に寄り添う癒しの茶道》をお伝えするが私の役目なのだと思います自分に寄り添い、自分を見つめ、心のバランスを整えるカウンセリングやセッションをするのではありませんそして私が癒しを与えるのではありませんお稽古がセラピーですお稽古は私と一対一気負わず寛ぎにお越しください☺️日程:要相談 1時間~1時間半場所:谷六ヴィレッジ(地下鉄谷町六丁目から徒歩5分)お稽古料:3,000円持ち物:ふくさや扇子があればお持ちください(無料貸出もあります)お洋服の場合は靴下を着用してください✨お問い合わせ、お申込みは→こちらまで✨月に一度の🌸🌸大人の茶道部🌸🌸は他の方とご一緒のお稽古です次回は3月17日一服のお茶を楽しく美味しく飲むことから始めましょう🍵詳しくは⇨こちら