かっぱちゃん

記事一覧(68)

Kids茶道〜5歳児の自信〜

今年最初のKids茶道は、5歳のちびっこ二人でした以前にも書きましたが、5歳といえどもお茶が大好きな二人🍵お茶を点てるのも楽しそうだし、飲むのは一気飲みです(笑)お点前はまだお盆のお道具を定位置に移動させてお茶を点てるというものですまずは、お正月に家でお茶を点てたというちびっこ「一人でやってごらん」そう言って任せると、目つきが変わって真剣です❗️定位置もしっかり覚えていて、ちゃんとお茶が点てられました「できたねー」褒めるととても嬉しそうな自信満々の顔☺️その様子を見ていたもう一人のちびっこ「自分もやりたい」と、いつになく積極的ですお休みしたこともあり、少し久しぶりで不安そうでしたけど、「一人でやってみる?」って言葉をかけただけで生き生きとした目で真剣ですこちらもまたきれいにお茶が点てられ満足気😊まだ手も小さい二人なのでお道具の持ち方も不十分だし、私は横から手を出しますが「一人でする」という自信が良い緊張感に変わりましたできるねー手をそろえて座ったらもっとカッコいいよー✨自信がある時は注意されたこともすんなり受け入れて、正すことができますこれは大人も一緒ですよね😌ちびっこを見てて素直な心を学びました順序通りにお茶を点てる元の通りに片付けるお茶碗は水ですすいでタオルでふくお箸は相手が取りやすいように置く『おてまえちょうだいいたします』美味しいって喜ぶこれくらいしかできませんでもこれらができるって、とても誇らしいと思います都合により、Kids茶道はこの3月で一旦終わりにしますあと二回、楽しくお稽古できますように☺️

Kids茶道~5歳児の気付き~

Kids茶道は毎月第4日曜日の夕方に開催しています🍵一度のお稽古で、二回お点前と二服お茶を飲むのが基本です最近5歳の子が来てくれます☺️お茶が好きでいつも一気飲み😳そしてお茶を点てるのも好きなようで楽しそうにシャカシャカしてくれますまだふくさ捌きはしていませんお盆に茶碗や棗などお点前をする準備をしてポット前に座りお茶を点てるためにお盆の上のお道具の位置を移動させ抹茶を入れてお茶を点てるということをしています今月の5歳くん一回目は、「棗を左に、右手で茶杓を持って・・」って一つ一つ私が言うとおりにしてくれましたそして二回目結構覚えていて自分で先々やり、順序を間違えたところがありました順序を間違えると次にしないといけないことができません「あ、間違えた」って元に戻って正しい順序を自分で思い出すことができましたここ❗️ポイントです☝️😉順序を間違える・・これは誰でもすることですがでも、そこであれっ?って思い、次を考え、そして順序が違うことに気付くこれってとても重要なことです✨✨次を考える力、違うことに気付く力、元に戻ってやり直す力子供はこちらが思う以上の力が備わっていますそんな元々持っている子供の力を育む場所の一つとしての茶道であれば幸いです

大人の茶道部〜心がこもる〜

8月の大人の茶道部以前通っていたアロマスクールの先生が来てくださいました😃✨『心』を大切にするアロマスクール先日勉強会に行ったメンタルハーブティーやアロマセラピストの資格を学んだのは妹さん先生今回来て下さったお姉さん先生にはアロマ心理を学びました私が点てたお茶と、初めてご自身で点てたお茶を飲んでもらったのですが、味が全然違うと仰ってました私は長年お茶を点ててますから😉自分のは雑念が入ってる、なんて笑っておられたのですが、そんなお話をしながら思い出したことが二つ一つ目はアロマスクールに通っている頃のこと当時は毎日料理を作るのがストレスで、でも出来合いのお惣菜を買うのも嫌…そんな話をお姉さん先生にしたら、「嫌々作った料理だったら、その嫌な思いも食べさせることになるよ」と…二つ目は子どもの頃のこと母に煎茶の淹れ方を教えてもらいましたお湯を注ぐとき「美味しくはいりますように・・」茶碗にお茶を注ぐときは、全てが同じ濃さになるように「どれも美味しくなるように・・」思えば、今でもお茶を淹れるときは、美味しくなりますようにと思っています目には見えないけど、『思い』ってお茶やお料理に確かに影響すると思います(*^^*)心を込めると、その心が相手に伝わります✨《心を癒す一服のおもてなし》私の茶道やハーブティーに対する思いです『心』を周りから自然と教えてもらえる、とても幸せなことだと感じます『心を込める』自分が一番大切にしていること、改めてもっとしっかりお伝えしていきたいと心に刻んだ大人の茶道部でした